本サイトを快適にご覧いただくためには、「文字サイズ 小」 にてご覧いただくことをご推奨いたします



第157回ダイナミック流通・SC戦略セミナー 東京開催

2019年4月23日(火)

<東京版>
次世代対応SC2への道(リニューアル先進国アメリカでの定番リニューアル手法)

戦略的SCリニューアル手法

−現状課題解決・新たに“塊ニーズ”獲得・次世代機能の付加の3段跳手法−

●ごあんない

アメリカも日本もSCが飽和時代となり、商圏の中で「もう1つあって欲しいSCづくり」はSCの新規開発ではなく、SCのリニューアルにより斬新なSCづくりが主力となってきます。
今、リニューアルの手法が成果(リニューアル投資とSCの売上増及び長期繁栄体制づくり)の面から問われています。 日米共にSCのリニューアルに対する成果は「全く成果がなかった」「相応の成果があった」「著しく高い成果があった」の3つのタイプがあります。 リニューアルの成果は1つの固有マーケット(複数のSCの共有商圏)の中で、全体あるいは特定の分野で競争優位性を持つことです。 競争優位性は全体の中で互いに3割差異化・特化、7割総合化の差異化戦略を取るのか、特定の分野で異質化して優位性を取るかの選択があります。 すなわち、SCのポジショニングによって勝ちパターンのSCづくりは異なります。
今回は、今後のSCのリニューアルの成果という観点から、日本及びアメリカ(アメリカはリニューアルのノウハウの宝庫)の事例を模擬手法(1つの特定SCを仮に設定して、SCのリニューアルの手法の違いによる成果の創出方法をシミュレーションする手法)で、理論と実践の両面から説明します。 何卒、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

●開催日時・会場

日 時 : 2019年4月23日(火) 13:30〜17:00 (受付開始は13:00より)
会 場 : アワーズイン阪急 シングル館3階  B会議室 (東京・大井町)

●講師

六車 秀之 (株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・六車流研所 所長・シニアコンサルタント)

●各単元のテーマおよび内容

第一単元 テーマ 戦略的SCリニューアルのプロセスと手法
講師 六車 秀之
(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
主な内容

1.アメリカ及び日本の今後のリニューアルの定番手法(投下資本回転率2.0回転のリニューアル手法)

@課題の洗い出しと課題の解決リニューアル(投下資本回転率0.5回転のリニューアル手法)
A全く新しいニーズを“塊”で獲得する需要創造リニューアル(投下資本回転率1.0回転のリニューアル手法)
Bネット旺盛時代に対応する次世代対応リニューアル(投下資本回転率0.5回転のリニューアル手法)

2.課題の抽出と課題解決手法のプロセス手法(第1ステップ)

@既存SCと売上を減らさないための課題内容の抽出手法
A課題解決の重要度別のランク付けと解決の選択手法(課題解決した上で強化しないと成果は出ません)

3.新しいニーズの“塊”で取り込む需要創造手法(第2ステップ)

@商圏の顕在的及び潜在的ニーズのクラスター単位で市場細分化する手法
A市場細分化されたニーズの“塊”としての導入手法(塊でニーズを取らないと成果は出ません)

4.ネットに対応できる次世代SCづくり手法(第3ステップ)

@ネット時代にわざわざSCに来たくなる動機とSCでの対応手法
Aモノ・コト・イマ・トキ・ココのSCへのわざわざ来館動機の導入手法(広義のモノ・コト機能を持たないと成果は出ません)
第二単元 テーマ SCリニューアルの模擬事例研究
講師 六車 秀之
(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
主な内容

1.SCリニューアルを実施したのに売上が伸びない、あるいは一時的に伸びたが2〜3年後に元に戻った事例

(1)逐次投入により競争優位性が発揮できなかったSCリニューアルの模擬事例
(2)問題解決をしないで行ったSCリニューアルの模擬事例
(3)立地不適合・業態不適合のままで行ったSCリニューアルの模擬事例

2.リニューアルを実施して売上高を著しく伸ばした事例

(1)ワンランク上のSCをワンランク下へ業態転換して成功したSCリニューアルの模擬事例
(2)今まで取り扱っていなかった新たなニーズを掘り起こして優良リニューアルへと進化したSCリニューアルの模擬事例
(3)鳴かず飛ばずのSCを未来型SCへとリニューアルして成功した模擬事例

●受講料

お一人様:10,000円(消費税含む) 喫茶・資料代を含む

●セミナー案内詳細版