本サイトを快適にご覧いただくためには、「文字サイズ 小」 にてご覧いただくことをご推奨いたします



第139回ダイナミック流通・SC戦略セミナー 大阪開催

2017年6月27日(火)

地域密着志向SCのニーズ構造・業態事例と
最近オープンした地域密着志向SCの事例研究


−駅型RSC・ライフスタイルセンター・パワータウンの地域密着志向SCづくり−

●ごあんない

1つの固有マーケット(居住者が距離・時間的に抵抗なくSCを選べる範囲内)の中で自らのポジショニングを明確にして、いかに勝ちパターンのSCづくりを行うかが必要です。 今、アメリカではマーケットデザインに基づき、1つの固有マーケット内で各SCが規模と立地の優位性を活用して適正コンセプト、適正MDing&テナントミックスを構築し、客から見ると「もう1つあって欲しいSC」、ディベロッパーから見ると「もう1つ成立するSC」づくりを行っています。 本セミナーにおいては、地域密着志向SCのニーズ構造ならびに勝ちパターンのSCづくりと同時に、規模・立地の相違による勝ちパターンのSCづくりの違いを解説します。 RSC、CSC、NSCはそれぞれ業態としての得意分野が明確になりつつあり、長期低落化の道を歩んでいたCSC(過渡期業態・中型SCの地域密着志向SC)も底を打ち、1つの勝ち残りのポジショニングを確立するようになりつつあります。 また、最近オープンしたSCで私(六車)がストアーズレポート(2017年5月号ストアーズ社)で紹介した3つのSCを事例研究として、成立・成功のメカニズム及び地域密着志向SCづくりに関連させて説明いたします。 是非とも、多数の皆さまにご参加いただきますよう、お待ち申し上げております。

●開催日時・会場

日 時 : 2017年6月27日(火) 13:00〜17:00
会 場 : 大阪リバーサイドホテル 3階 桐桂の間 (大阪・桜ノ宮)

●講師

六車 秀之 (株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・六車流研所 所長・シニアコンサルタント)

●各単元のテーマおよび内容

第一単元 テーマ 地域密着志向SCのニーズ構造の解析
講師 六車 秀之
(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
主な内容 1.SCの多様化ともう1つあって欲しいSC
@SCの業態フォーマットのポジショニングと役割分担
AリアルSC及びネット通販とマーケットデザイン理論
2.地域密着志向SCのニーズ構造
@地域密着の3大ニーズ「生活必需ニーズ」「地域固有ニーズ」「割安感ニーズ」の特性とニーズのポイント
A地域密着の3大対応スタンス「地域密着ニーズのワンパッケージ対応スタンス」「日常の中の“新”のニーズ対応スタンス」「使い慣れた安心・安全のニーズ対応スタンス」の特性とスタンスのポイント
3.1つの固有マーケットの中での勝ちパターンのSCづくり
@規模及び戦略差別化モデルの解析
(RSC、CSCそれぞれのレベルでの勝ちパターンづくり)
A負けパターンSCの勝ちパターン化モデルの解析
第二単元 テーマ 最近オープンした地域密着志向SCの事例研究
講師 六車 秀之
(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
主な内容 1.マーケットの上乗せニーズに対応した「吹田グリーンプレイス」(大阪府吹田市)の事例研究
@SCの飽和時代に郊外の上乗せニーズ(上質感のニーズ)に対応して、もう1つあって欲しいSCを開発
A吹田グリーンプレイスの概要と成立・成功のメカニズム(ポイント)
2.勝ちパターンのパワータウン「ニトリモール枚方」(大阪府枚方市)の事例研究
@CSCの長期低落化に対しパワフル型SCとして、もう1つあって欲しいSCを開発
Aニトリモール枚方の概要と成立・成功のメカニズム(ポイント)
3.ワンランク上のRSCを駅立地で対応する「アミュプラザおおいた」(大分県大分市)の事例研究
@中央駅理論を活用し地方都市で郊外RSCとは異なる都市型RSCとして、もう1つあって欲しいSCを開発
Aアミュプラザおおいたの概要と成立・成功のメカニズム(ポイント)

●受講料

お一人様:10,000円(消費税含む) 喫茶・資料代を含む

●セミナー案内詳細版