本サイトを快適にご覧いただくためには、「文字サイズ 小」 にてご覧いただくことをご推奨いたします



第134回ダイナミック流通・SC戦略セミナー 東京開催

2016年9月27日(火) 《東京版》

SCのリニューアルにおける
広義のMDingと背伸びリーシング手法


−クリエイティブリーシングの提案−

●ごあんない

SCは成長期(1970〜2010年)から飽和期(2011〜2015年)、さらに成熟期(2016年以降)へと進み、成長期と飽和期・成熟期のSCのMDingやリーシングの手法は全く異なります。 SC成長期は売り手市場(ディベロッパーの優位)、飽和期・成熟期は買い手市場(テナントの優位)と言われています。 しかし、本当は勝ちパターンのディベロッパーは常に売り手市場(負けパターンのSCは買い手市場)で、勝ちパターンのテナントは常に買い手市場(負けパターンのテナントは売り手市場)です。
SCの成熟期には棲み分けという概念が重要となってきました。 棲み分けとは「1つの固有マーケット」(客がSCを選択するに際して、距離の抵抗要因が希薄なエリアで、複数のSCの共有・複合商圏のこと)の中で、大型SCが平均4〜6ヶ所(アメリカでは8ヶ所)のSCが自らの得意分野を明確にして競争相手には関係ないMDingを構築することです。 すなわち、1つの固有マーケットの中には「マーケットデザイニング」という手法で、売り手(SC)と買い手(消費者)のニーズをマッチング(ニーズを整合化)させることにより、日本よりRSCの成立性が1.7倍激しいアメリカで、SC側も満足し、消費者側も満足し、結果的にはテナント側も満足する理論が確立されています(オレンジカウンティ現象によるブルーオーシャン理論)。 そのためには、1つの固有マーケットの情報を詳細に把握し、SCのMDingやテナントミックス、最終的にはテナントのリーシングまで一貫した情報戦略と行動戦略が必要です。
今回は新しいSCの広義のMDingとして、マーケットニーズの探索、SCのMDing及びテナントミックス計画、さらにはリーシングまでを一貫した行動概念として取り上げ、新しい考え方ではありますが、王道のSCの勝ちパターンづくりをテナントのリーシングという視点から取り上げます。 何卒、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

●開催日時・会場

日 時 : 2016年9月27日(火) 13:00〜17:00
会 場 : アワーズイン阪急 シングル館3階  B会議室 (東京・大井町)

●講師

六車 秀之 (株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・六車流研所 所長・シニアコンサルタント)

●各単元のテーマおよび内容

第一単元 テーマ 広義のM D i n g とクリエイティブリーシングへの提言
講師 六車 秀之
(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
主な内容 1.1つの固有マーケットの中での勝ちパターンづくり
(1)マーケットデザインによるSCと客のニーズのマッチングに基づく強者と強者の棲み分け手法
(2)1つの固有マーケットの中での2つのSCの基本原則による棲み分けと6つのSCの例外の原則による棲み分け成立手法
2.広義のMDingの4つのステップとリーシング手法(リーシングなくしてMDingなし)
(1)マーケットニーズ→MDing戦略→テナントミックス→リーシング戦略及び実施
(2)1つの固有マーケットの中でマーケットニーズ・ウォンツ・シーズの探索手法
(3)マーケットニーズ・ウォンツ・シーズに基づくMDing戦略・計画手法
(4)MDingに基づくテナントミックス(テナントの顔が見える)手法
(5)テナントミックスに基づくリーシング手法(背伸びリーシング手法)
第二単元 テーマ クリエイティブリーシングの3つの手法(土俵に乗せるリーシング)の解説
講師 六車 秀之
(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
主な内容 1.データベースリーシング手法の解説
(1)1つの固有マーケット内の情報は、テナントよりディベロッパーの方が深く知ることがリーシングにとって必要
(2)マーケット内のデータをビッグデータ志向でテナントに出店が判断できる状態の情報を提供することが必要
2.コラボリーシング手法の解説
(1)1つの固有マーケットを知りつくし、同時に競争SCのテナントミックスを知りつくしているディベロッパーは、テナントの出店に関する優位性の発見と課題を解決することが必要
(2)ディベロッパーとテナントは相反することと共鳴することの2面性を持っており、これを互いの認識として解決することが必要
3.シナージーリーシング手法の解説
(1)背伸びリーシングにおいてはテナントの成立性を高めるためお友達テナントの同時導入が必要
(2)特定のテナントをSCの中で孤立させるのではなく、SCの強味である相乗効果の発揮する仕組みづくりでテナントの成立性を高めることが必要
テーマ 総括
講師 六車 秀之
(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)

●受講料

お一人様:10,000円(消費税含む) 喫茶・資料代を含む

●セミナー案内詳細版